パーソナルツール

現在位置: ホーム / 相談支援部門について / ご挨拶

ご挨拶

相談支援部門長 水田 一郎 教授

 

 大阪大学キャンパスライフ健康支援センター相談支援部門は、学生のさまざまな困り事や悩み事についての学生さん自身からの、あるいは教職員やご家族からの相談に応じたり、支援を提供する部門です。主な活動内容としては、1)学生相談(カウンセリング)、2)アクセシビリティ支援(障がいや慢性疾患を有する学生の支援)、3)ピア活動支援(学生同士の助け合いの支援)、4)キャリア支援、5)アウトリーチ活動(FD、フロントスタッフミーティング、出張相談)、6)アセスメント(障がいのアセスメント、キャリア関連の適性検査)などがあります。また、保健管理部門や学内相談部署(各部局の何でも相談室、全学教育推進機構ガイダンス室、国際教育交流センター、ハラスメント相談室など)とのネットワークを構築し、教職員や協力学生との連携のもと、より質の高い学生支援の機会の提供に努めています。

 学生の皆様、学生生活を送る中では、いろいろな困り事や悩み事が出てくることもあると思います。そのほとんどは、自分で何とか解決できたり、時間がたつうちに自然に消えていくものかもしれません。友達や家族に話すことで道が開けることもあるでしょう。でも中には、それだけではうまくいかない時もあるかもしれません。そんな時には是非、私たちのことを思い出してください。そして、気軽に利用してください。相談することは決して恥ずかしいことではありません。

 教職員の皆様、日々の業務の中で、学生の指導や対応にお困りの時があるかもしれません。そんな時には是非、私達を利用することをご検討ください。専門的な立場から、先生方のご相談に応じます。

 相談支援部門では、どこに相談すればよいか分からない時のための何でも相談窓口や、教職員の皆様がご自分のことについて相談できる教職員カウンセリングも開始する予定にしています。相談支援部門の今後の活動について、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

ページのトップへ戻る