パーソナルツール

現在位置: ホーム / ピア相談室

ピアとも(ピア相談室)について

 学業、進路、人間関係の悩みのほか、カルト団体・消費者トラブル・サークル活動や経済上の問題など、学生生活上の様々な問題について相談に応じています。本学大学院人間科学研究科で臨床心理学を専攻している大学院生が、教員とともに「ピア・アドバイザー」として活動していますので、お気軽にお越し下さい。

Station Café

日常とは一味違った体験の共有を通して、学生同士が交流できる場を提供するイベント、”Station Café”を月に1回、開催しています(大阪大学の休業期間を除く)。参加者募集中のイベントについては「イベント・セミナー情報」のページをご覧ください。

ピア便り

「ピアとも」の活動をもっと広く知っていただくため、ピア・アドバイザーが中心となって「ピア便り」を作成、発行しています(2015年度まで発行していた刊行物「News Letter」は、内容を刷新し「ピア便り」として生まれ変わりました。)

Facebook

ピア・アドバイザーが更新しています。Station Caféの様子などをご覧いただけます。

 

相談したいとき

 「ピアとも」まで直接お越しください。あらかじめ電話またはメールで予約していただくこともできます。電話による相談も受け付けています(※メールは、来室相談予約、予約日時変更の際にのみ利用できます。メールでの相談のやり取りはできません)。
 必要に応じて学内の関係機関や学外の相談機関の紹介も行います。相談内容や個人的な情報を本人の了解なしに相談担当者以外の者に漏らすことはありませんので、安心して気軽にご相談ください。

開室時間

吹田豊中
開室時間

13001700

開室曜日月・水・金
連絡先

電話:06-6850-6651

campuslifekenkou-peer@office.osaka-u.ac.jp (※)

※上記メールアドレスについての注意
★このアドレスは、「ピアとも」相談の新規相談予約および予約日時の変更にのみ利用できます。
★メール本文に相談内容を書くことはご遠慮ください。メールでの相談のやり取りはできません。
★相談予約・予約日時の変更を希望される方は名前/所属・学年/希望キャンパス/希望日時を必ず明記して下さい。担当者から返信いたします)。
★本メールアドレスは、「ピアとも」相談予約以外の問い合わせ(サークル施設の利用方法、授業の履修登録について、研究協力の依頼等)には対応しておりませんのでご了承ください。

【開室時間について】イベントの実施等により、閉室または開室時間が短くなる日もございます。詳しくは下記の開室カレンダーをご確認ください。

開室カレンダー 2018年7月(7/4更新)(pdf)

ピア・アドバイザー紹介 

井手 真理恵(豊中・月曜日)
こんにちは。ピア・アドバイザーの井手です。相談や困りごとというと大げさと思えるかもしれませんが、どんな些細なことでも人に話してみると意外な発見があったり、自分が見えていなかったことに気づいたりすることもあると思います。もし、なにを相談したらいいのかわからないと思うときや、なにか八方塞がりになったときなど、どんなことでもいいので、一緒に考えるお手伝いをさせていただければ、と思っています。

新垣 ほのか(豊中・水曜日)
こんにちは、ピア・アドバイザーの新垣といいます。毎日のながれの中で、自分の中に色々ともやもやとした想いや、どうしようもない気持ちなどが生まれてくるかと思います。“こんなことで相談に行っていいのかな?”と思ったり、行きづらかったりすることもあるかもしれませんが、みなさんが何かに悩んでいるとき、何かを誰かに話したいとき、ちょっと疲れたときなどなど・・・、どんなことでもよいのでお気軽にお立ち寄りください。みなさんの学生生活をお手伝いさせていただければなあと思います。

田中 和輝(豊中・金曜日)
はじめまして。ピア・アドバイザーの田中といいます。学生生活では、時には心に「もやもや」が溜まったり、悩んだりすることもあると思います。そんな時、どうされているでしょうか?きっと、それは大切なサインだと思います。一度ゆっくり、自分の心や体の声に耳をすませてみませんか。どんな些細なことでもお話しいただけると嬉しいです。少しでも「ほっ」とする時間のお手伝いが出来ればなあ、と考えています。みなさんの「話したいこと」や、あるいは…「話したくないこと」を聞かせてください。お待ちしています。

鈴木 孝(吹田・水曜日)
はじめまして。ピア・アドバイザーの鈴木です。ひとりで考えていると「よく分からないなぁ」「な~んか、〇〇だなぁ」ということが、誰かに話してみることで「あっ、もしかしてこんな感じかも…!」と気づくかもしれません。私は、みなさんの「嬉しいなぁ」「悲しいなぁ」「困ったなぁ…」といったお話をお聞きしながら、一緒に考えていくお手伝いが出来ればと思っています。普段はICホール1Fの一室におりますので、少しでもお時間があれば、どんなお話でもよいので、ふらっとお立ち寄りください。お待ちしております。

ページのトップへ戻る